等身大のウラオモテ

〜I found the words to show this feeling〜

[Handmadelure works 2tn. official blog.]
Webサイトはこちら→http://www.2tonelive.com/
里帰り。

ずいぶん、可愛がられているようで。

頑張ってるね!

 

→Album

 

これだけ活躍させて貰えれば、五体満足でいられるはずもなく。

 

後方重心ならではの傷みかた。

入院のため、緊急帰郷させて頂きました。

 

ということで、手術開始!

 

Before.

 

まずは割れの接着から。

というか「一体化」。

 

中身は木材そのままです。

せっかくの木の浮力を殺したくないので、強度のために必要以上に剤を浸透させていません。

 

乾燥させてから、接着面に接着剤が浸透してしまわないよう、先に樹脂を浸透させ、表面をつくってから接着。

なんでもかんでもエポキシではなく、ここは粘度の低い接着材で。

粘度が高いと、接着面に残らずにはみ出てくるし、接着面に塗膜ができると輪郭が変わってしまうので。

 

トリプルフックに交換でご使用されている様子。

他人が使っても、しっかりローリングマークが描かれていると安心します。

 

針先がロックされる深さになっているので、ここは特殊な透明樹脂で穴埋め。

欠損した部分も整形して輪郭を元通りに。

緩み始めている各リグ穴にも、樹脂浸透のうえで同様の処理を。

 

針はがまかつさんのトレブル13ですね。

たまたま同サイズを持っていたので交換。

個人的には同社のこっちが好みですが(値上がり前に買い溜め・笑)、

 

スプリットリングを噛まさない取付けにはセンターバランス設計でないことを優先です。

 

余談ですが、僕は魚にルアーを見上げられる場合、針が黒いのには抵抗があります。

この持論はまたの機会に。

 

ボディ全体に「足付け」してから丸ごとコーティング。

 

キズの上から表面出して艶出すと、

毎回、見たことのない色気と個性が出るのも面白いところ。

 

After.(やっぱり作業途中で写真撮ること、出来ませんでした・笑)

 

退院、数日後。。。

 

手術前と変わらず、出番を頂いているようでなにより。

 

いつも可愛がって頂き、ありがとうございます!

| Handmadelure works 2tn. | life | 18:08 |
これまでとこれから。

久々に授業中の1枚。

これからはこんな賢い機械が普及されていって、

中途半端な「手作業だから〜」の大義名分は淘汰されていく、1つの過渡期のようです。

ただ、「手作業でもできることがすごい」のはずっと変わりません。

 

さて、今週末はフィッシングショー。

講師を勤めるフィッシングカレッジ様のブースをお借り致しまして、両会場にて今年も展示頂いております。

タイトルは「2tn.のこれまでとこれから」。

 

そしてバンタムさん。

今期から1部、目が横に「ひしゃげ」てます。

力強くなった表情もさることながら、

外周が非円形になることで、どこで誰が装着しても瞳(黒目)の角度がずれない、量産の工夫なんですね。

| Handmadelure works 2tn. | life | 22:51 |
師走の蝉

20周年(!)おめでとうございます。

 

→Mosh -Limited by BP20th-

 

 

以下、ちょっと仕事的な内幕。

 

2tn.は2005年よりお世話になっております。

新商品の販売準備ができたら、お取扱い店様に一斉に注文書をお送りさせて頂くのですが、

毎回、間髪を入れず、真っ先にご注文を返して下さるお店でもあります。

しかも少なくない数で。

 

 

 

何が言いたいのかというと、

「売れなかったらどうしよう」な不安の中、それはとても有難いのです。

そして、「つくったら、あとはこっちに任せとけ」みたいな。

毎回、そこに頼もしさとお店としての自信を感じております。

 

→Bass Pond

 

 

 

今回もたっぷりとお時間を頂き、テーマの「白黒」以外は好きなようにやらせて貰いました。

当ブログ見返してみたら7月辺りから手掛けていて、好き勝手にもほどがありますね。

今、うちが出来るのは、しっかり手間を掛けることと、お値段据え置きぐらいですが(笑)、

この機会に少しでもご恩返しになれれば。

 

学生の頃に雑誌や映像でしか拝見できなかった方のお店に自分の商品を並んでいるとか。

改めて感慨深く、有難い限りです。

| Handmadelure works 2tn. | life | 10:23 |
久々に人前に出ます。

ハンドサムさん主催「Summer Party 2016」。

 

今年は例年の展示に加えて、やっと形になってきたこの悪巧みたちも連れて行こうかと。

 

 

 

 

関係者の皆様、今年もお世話になります。

ご参加される皆様、宜しくお願い致します。


 

 

現在、当サイトをも含め、2tn.の活動がバックオーダー、別商品が中心になっており、

碌にご挨拶もできないまま、ご無沙汰の方々、申し訳ございません。

 

そんな中でも、変わらずにお声掛け頂いたり、釣果報告を寄せて下さる皆様には感謝致しております。

本当にありがとうございます!

 

 

 

とは言うものの。

実は例年以上に外に出ている、最近の活動をダイジェストで。

 

先生も早、4年目になりました。

 

 

たまにこんな話も舞い込んで来ます。

良からぬ希望を与えていないと良いのですが。

 

 

あと、こっちも奮闘中。

新製品も続々と出てます。

 

→Shimano Bantam 特設サイト

 

 

 

何も変わっていない自覚はあるのですが、

おかげさまで最近やっと、「ちゃんと仕事しろ」って言われなくなりました。

 

代わりに

「今、何してんねん」と、

「早くスマホに替えろ」は、よく言わ(怒ら)れます。

| Handmadelure works 2tn. | life | 04:38 |
懲りない試算

100mは20秒もあれば走れるだろうから、

1kmなら200秒。

10kmなら2000秒で余裕あるくらいか。

 

なんて計算して。

 

10kmを33分20秒とか、わかっているはずなのです。

はずなのです。

 

「季節の○○」みたいな目論見だったのに。

(全く)間に合わなかったか…。

 

 

我が目論見のために、今年ばかりは一刻でも長く、鳴き続けることを願う毎日です。

 

 

 

 

 

ほぼ毎日、「蝉はきっと、来年も鳴くよ?」と悪魔が囁いてきます。

| Handmadelure works 2tn. | life | 12:24 |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE