等身大のウラオモテ

〜I found the words to show this feeling〜

[Handmadelure works 2tn. official blog.]
Webサイトはこちら→http://www.2tonelive.com/
年の瀬風物詩シリーズ
その年の最後から2番目の号が選手名鑑になって
翌週は増刊号になるのです。



雑誌をはじめ表紙が柔らかいものを読むとき、
私物ならまだしも立ち読みや借り物で
両手の人差し指と親指と中指で三角状(形で言うと左手で「>」、とか右手で「<」)
に折り跡つけて読むひとは軽蔑対象です。
紙は「丸め」てもいいけど、「折り」はイカン。

だから発売日逃した雑誌は駅構内の売店(=立ち読み不可)まで。
本の新品状態を維持することに喜びを感じるのであります。


見るからに客層が偏っていて
勝手に仲間意識が芽生えてしまうよなそんな空間が好き。
たとえば最近はここ。

STANDERDBOOKSTORE
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 02:14 |
おまえ平田いだろ
「アングル」、「ジュース」、「ケーフェイ」。
プロレスファンしてやったり顔な隠語がズラリ。
もちろん知らずに読んだほうが面白いのだろうけど
妙な優越感に思わずニヤリ。
こんな題材で江戸川乱歩賞を獲ってしまうところがまた痛快。



あのミスター高橋の暴露本からもう8年ですか。
一時期乱出されたこの手のプロレス暴露本、
中でも故・荒井社長の「倒産!FMW」は
タブー度、生々しさ、共に突出しているかと思います。


今日の更新はこっちをメインにしようと思ってたのに
そんなタイトルつけるから。


また今度でいいや。。。
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 23:29 |
末っ子賛歌
ピッカピカの季節です。
毎年、ランドセル売場に立ち止まります。
最近、形も色もかっこいいやつ多いし、
そのうち買うんじゃないかの勢い。


兄弟が同姓、6つ以上歳が離れると
下の子に悲劇が降りかかります。
「同性」、「6歳差」の2つの条件が重なると
上が中1、下が小1時期に
下手すると学校用品、すべてスライドします。
極稀ですが、異性でも「体型が似る」や「経済状況」という要素を満たしてしまうとロイヤルストレートフラッシュ悲劇です。


ヒラタクワガタさながらのボリューム、色、ツヤを纏ったあのランドセル。
僕、大袈裟でもなんでもなく、とろろこんぶ色の座布団みたいなの背負ってましたからね。
名前欄は下の部分だけ上から貼り付けます。
色鉛筆は鉛筆キャップで延長されてます。
絵具は「ぐんじょういろ」と「ビリジアン」以外ぺっちゃんこです。
体操服の色は違ってたりします。
帰り道の信号待ちで見ず知らずのおばちゃんに
「あんた、ランドセル大事にしちょらんね」
など心ないことを言われます。

クラス替えの度に4月は質問攻めです。
繰り返される首を傾げての「なんで?」には
説明途中で泣いてしまいますもの。
さらに先生が「ものを大切にして偉い」などと
下手な慰めで追い討ちを駆けます。
自分の意思じゃないことを褒めるなっての。

何度、意図的にモノの破壊、盗難を企だてたことか。



片田舎だと「長男賛歌」みたいな風習、未だ根付いてますしね、
昔はこれが当然なのでしょうけど。
豊かさゆえの贅沢、ギャップなのでしょうけど。

所有するモノが買ってもらえないってことよりも
自我も形成されていないこの時期に
子供たちの悪い意味での素直な言動、眼差しは
心に突き刺さるどころか、貫いてしまうのですよ。

今ならあのランドセルだって
最古のもので先祖代々一子相伝のもので
兄上を差し置いて引き継いだだとか
価値を出任せ言って羨望の的にしてやるのに。


このため一時期、長男全てを敵対視しており、
貴花田に差をつけられ、面目丸つぶれの若花田などには大変、励まされました。
そして兄弟での優勝決定戦の結果には日本で一番、途方に暮れたはず。

あんな悲劇から開放されて早、十数余年。
こんな本を読みながら
そんなことを回想している30歳と2日目です。


<宇宙兄弟/山田宙哉>
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 06:01 |
元気で長生きがいちばん!!
誰が

好きこのんで

寝たきりになりたい?

なりたい人なんかいるわけない

なりたくてなる人なんているわけない

「元気で長生きがいちばん」って

もしかしたら

誰かを

傷つけてる言葉なのかな

知らず知らずのうちに鈍感になってる

自分の言ってることの意味を考えなくなってる

気をつけなくちゃ

たくさん考えて

たくさん考えたおばあさんになるのだ


<結婚しなくてもいいですか/益田ミリ>

今週の当たり本。
てっきり、特定年代女性向けかと思いきや
いやいやどうして。

「少年コミック」とか「少女マンガ」とか。
ここ数年、対象読者や性別を表すものでなく、
もはやジャンル、カテゴリー分けの為の単なる名称なんですよね。
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 23:50 |
あの葛藤を言語化するの。
「逃げたり」「サボったり」した記憶って
自分にしかわからないけど………

ピンチのときによく監督に「自分を信じろ」って言われるんすけど

でも
自分の中にちょっとでも逃げたりサボったりした記憶があると
「いや・・・だってオレあの時サボったし…」って思っちゃってそれができないんです。

だからうまく言えないけど
そういうのなくしたかった……ってことですよね。


<3月のライオン/羽海野チカ>
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 23:47 |
騒げばいいのですか
「琵琶湖では湖岸を工事してコンクリートに作り変えてから、いきなりブラックバスが増えています。
湖岸をコンクリートで固めてしまうことによって、湖のたくさんの微生物を殺してしまいます。
在来種の魚を殺したのは、ブラックバスではなく人間かもしれません。

琵琶湖の問題に関しては、漁協の利権も絡んでいます。
漁協は護岸工事が行われたときに、補償金をもらいました。
ですから、文句を言えた筋合いでは本来ない。
それなのに魚が以前より取れなくなった理由をブラックバスのせいにしている。


僕は外来種を日本に持ち込む事に関しては、もう少し厳しくしたほうが良いと思います。
そのうえで、日本に居ついてしまった外来種についてはさほど神経質になる必要はない、ともいいたい。
生態系には自然にバランスを保っていく作用があるからです。
自然の中で増えてしまった外来種の動物を殺すとという発想は間違っています。
そこに人間が割り込んでコントロールしようとしても、生態系のバランスをうまく調整できる保障は全然ない。
自然を全部人間がコントロールできるという考え方は、人間の横暴だと思います。


一度大騒ぎをすれば省庁には潤沢な予算がつきます。
予算は一度ついてしまえば長いこと維持されますので、みんなが忘れてしまったころにも予算が残っていたりする。
これでは税金の垂れ流しです。
税金を自由に使うのは省庁の専売特許ですし、自分のところにたくさん税金を持ってこなければ利権も生まれない。
すべての省庁は何がなんでも税金を財務省から分捕りたいわけです。」


<WAC 定説だってウソだらけ/日垣隆>
(以上、本書の対談「恐怖を煽ってはいけない」より抜粋)


これだけ情報に溢れられると、
信じるもの(真実)を見つけ出すことすら困難なうえ、
信じることがまた、自由な故に、責任も生じるので、
便利というより大変です。

騒がせればいいのでしょうね。
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 04:25 |
世間のイメージが真実になるのですから
悪魔と呼ばれた少年を助けようとした人は
紛れもなく悪魔だったでしょうに。

さらに今度は自己弁護ですかい。


<なぜ僕は悪魔と呼ばれた少年を助けようとしたのか/今枝仁>

被告人が悪魔(有罪)になったら
その弁護人も悪魔でいいんじゃないか。
「ナントカ幇助罪」みたいなやつで。
それぐらいの覚悟でってことで。


「ダウンタウンのごっつええ感じ」で、「ヒノックン」でしたっけ?
まっちゃん扮する言い訳ばかりする看守が
「あいつのあだ名、なんか知ってる?『弁護士』言われてんねんで。」
と、囚人に陰口叩かれるコントがありまして。
あれ、風刺コントだったのかな。
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 07:48 |
火事は対岸から見るに限るのだ。
評論とか批評とか。
そもそも意見を述べることって、
基本、否定が本質になってないといけないんですよね。
肯定とか異見でない意見だったら意味はなし、
ヘタしたらゴマすり、提灯持ち、ですもの。

否定しないと肯定出来ないってのは
悲しいかな、ごもっともで。

正直、この方、前から好きじゃないけれど。
傍から見たら面白いけど、
絶対、視界に入っちゃダメ、みたいなこの方。
何故か小林よしのりとカブる、このお方。
名言、「ベンチがアホやから」。


でも、逃げ道をつくら(れ)ない、
評論、意見(にだけ)は尊敬の念を抱くのです。


「嫌いだけど認めてる」って
言われたその人にとっては
ある意味、最上級の褒め言葉だと思うんです

けれども。

自分、そんな人が困ってるのを見ても
見て見ぬ振りどころか
傍観の上で助けもしないでしょね、きっと。


だって嫌いなんですもん(笑)。


まったく、面倒臭いことばっかりですね。
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 01:52 |
そりゃそうでしょ。
それでも

それでも、

それでもやっぱり

好きでした。


<おやすみプンプン/浅野いにお>

この帯がまた、すごい顔ぶれ。
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 23:31 |
たとえ間違っていたとしても、それぞれの正しさ。
意味があるとかないとか、
理屈はどうでもいいじゃないか。

要は
どっちを信じれば幸せな気分になれるかって、
ことだと思うよ。


はい。
・・・ですよね。
この説得力どうですか。


<ひかりのまち/浅野いにお>

ただいま、「浅野ワールド」をインストール中。。。
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 06:26 |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE