等身大のウラオモテ

〜I found the words to show this feeling〜

[Handmadelure works 2tn. official blog.]
Webサイトはこちら→http://www.2tonelive.com/
たまには学校の話でも。2
さて、こちらは年が明けたら「1年の終わり」です。
この時期になると良い感じになってくるね。



皆、「僕の作風に影響されていないこと」が僕の自慢だったりします。
逆に思う人もいるのだろうけど。



まずはルアーが動く理論的なことから始まります。

「水を受けて逃がす方向と逆に動く」ということを前提に、
形状でその量と方向を、
重心で動きの軸(質)を、
ラインアイの位置で水の当たる強弱を・・・
みたいな話です。

僕は喋るのがアレなので(笑)、さっさと口を閉じて「あとはこっちに書いてるから」な作戦です。
幸い、私物が教材に利用できるので「他人のふんどし」には困りません。





こっちは回転軸とヘッドの縦揺れの話だったかな?



悲しいかな、学があれば「流体力学」という一言で片付くらしいです。



訊かれたら、アレなくせして喋り過ぎたり、詳細にメモされて後悔することもしばしば。



得てして大事なことは知られたくないことですが、
ここではお互いにこれでいいのでしょう。



打って変わって、技術的なことは「論より証拠」作戦です。
こちらは1人ずつ、やって見せて「真似してみ?」→「こうしたらいいねん」の繰り返しです。

だけど、左手の甲に試し吹きする癖まで真似しなくていいよ…。



行儀悪いですが、エアブラシは肘ついてやると上達が早いです。
(肩に力が入らず、手首が動くようになるから)



ある日、出勤したら僕が欲しかった代物が置いてあってびっくりしたこともありました。





文明の利器はすごいなー・・・と思う反面、
人が脅かされるほど進化してくれなくていいよとも思ったり。
ですが、常に「ハイテク」と「アナログな付加価値」は表裏一体です。



文章はいっぱい書いてもらいます。
喋りがアレな代わりにこちらはお節介にも添削付きで返却です。



最近になってやっと、これにも鳥肌が立たなくなりました(笑)。



さて、自分のことします!



 
| Handmadelure works 2tn. | life | 19:02 |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE