等身大のウラオモテ

〜I found the words to show this feeling〜

[Handmadelure works 2tn. official blog.]
Webサイトはこちら→http://www.2tonelive.com/
里帰り。

ずいぶん、可愛がられているようで。

頑張ってるね!

 

→Album

 

これだけ活躍させて貰えれば、五体満足でいられるはずもなく。

 

後方重心ならではの傷みかた。

入院のため、緊急帰郷させて頂きました。

 

ということで、手術開始!

 

Before.

 

まずは割れの接着から。

というか「一体化」。

 

中身は木材そのままです。

せっかくの木の浮力を殺したくないので、強度のために必要以上に剤を浸透させていません。

 

乾燥させてから、接着面に接着剤が浸透してしまわないよう、先に樹脂を浸透させ、表面をつくってから接着。

なんでもかんでもエポキシではなく、ここは粘度の低い接着材で。

粘度が高いと、接着面に残らずにはみ出てくるし、接着面に塗膜ができると輪郭が変わってしまうので。

 

トリプルフックに交換でご使用されている様子。

他人が使っても、しっかりローリングマークが描かれていると安心します。

 

針先がロックされる深さになっているので、ここは特殊な透明樹脂で穴埋め。

欠損した部分も整形して輪郭を元通りに。

緩み始めている各リグ穴にも、樹脂浸透のうえで同様の処理を。

 

針はがまかつさんのトレブル13ですね。

たまたま同サイズを持っていたので交換。

個人的には同社のこっちが好みですが(値上がり前に買い溜め・笑)、

 

スプリットリングを噛まさない取付けにはセンターバランス設計でないことを優先です。

 

余談ですが、僕は魚にルアーを見上げられる場合、針が黒いのには抵抗があります。

この持論はまたの機会に。

 

ボディ全体に「足付け」してから丸ごとコーティング。

 

キズの上から表面出して艶出すと、

毎回、見たことのない色気と個性が出るのも面白いところ。

 

After.(やっぱり作業途中で写真撮ること、出来ませんでした・笑)

 

退院、数日後。。。

 

手術前と変わらず、出番を頂いているようでなにより。

 

いつも可愛がって頂き、ありがとうございます!

| Handmadelure works 2tn. | life | 18:08 |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE