等身大のウラオモテ

〜I found the words to show this feeling〜

[Handmadelure works 2tn. official blog.]
Webサイトはこちら→http://www.2tonelive.com/
改良の賛否
「おまえは俺に似て、嘘が下手だ。」

この一文でもう一度
こみ上げてくるものを感じたいがために
改訂された文庫版で再読。


重力ピエロ/伊坂幸太郎


この著者、元版の文庫化に際して
改訂というか挿話があったり少し手を加えられるんです。
そのことに関して例に漏れず賛否両論ある中、
「一度完成したものに手を加えるな」だとか
「未完成だった元版を世に出したのか」、
「元のままで残して欲しかった」だの
この「改訂」を嫌悪する声も少なくないようで。

個人的には「賛派」。
元版がなくなるわけでもないですし
同じものでも創った時期と同じ数だけ存在してもいいのではと思います。

創り続けているってことを前提として、
昔、自分が創ったものに対して
今現在の自分が手を加えようがないってのは
進化できてないってことで
創り手の怠慢だと思うから。
(もちろん、「あえてこの形で残す」という意志、メリットのある場合は除きます)


かの偉人、『農民芸術概論綱要』のお方も
「永久の未完成これ完成である」と仰ってるようですが
しかしこれ、
「完成したらお終い」なことを恐れているのか
「完成することはない」という希望なのか。

完成度の高さを表現するならば
2次元の中の「高さ」や「横幅」じゃなく
「奥行き」ですからね。

ということで
「完成することはない」という希望に一票。
| Handmadelure works 2tn. | 読・書 | 03:44 |
こ難しいことはわかりませんが、二度おいしい、でいいじゃないすかねぇ?

漫画でもこんなのよくある話ですし。

どっちも本物なんだし。

暑いからぐちぐち考えずにいきたいもんですなー。
| しょこ | 2007/08/16 10:16 PM |
そそ。
自分にあったものを選ぶ選択肢が増えて良し。
さらに良いのが見つかれば、尚、良し。
後作が前作を汚さなければね。

それにしてもこの暑さ。
挨拶に、会話の糸口に、八つ当たりに、
大活躍ですな。
| 2tone | 2007/08/17 7:07 PM |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE