等身大のウラオモテ

〜I found the words to show this feeling〜

[Handmadelure works 2tn. official blog.]
Webサイトはこちら→http://www.2tonelive.com/
記憶のかけら
ELLEGARDENの細美さん。
昔から知っていたかのようだ、とか
デ・ジャヴの一端か?とか
前世で繋がりがあったのかも、だとか。
恒例のメルヘン妄想ワールドを構築していたのですが。

もちろん、そうそんなこともあるわけもなく。
現実はどうやら、昔観たこれっぽい。


<親子ゲーム/1986年TBS>

これ。
何故、マリオに強引なまでに餃子をつくらせようとするのか、
その理由を明かしている、名シーン。

彼の言葉遣いとか眼光、挙動がこのお方を彷彿させていたのかと。
時期からして、再放送を観てたのでしょう。

ちなみにラストシーンは
有名な「とんぼ」より
「しゃぼん玉」の方が好きです。
| Handmadelure works 2tn. | 音・楽 | 14:12 |
星の鳥
「表裏一体」だとか
「因果応報」といったような
須藤元気ばりの「WE ARE ALL ONE」を感じます。

#11からラストまでの流れが圧巻。


orbital period/BUMP OF CHICKEN

荷物を運ぶ亀に駆け寄る王様が
たまらなく好き。

この印刷臭もかなり好き。
| Handmadelure works 2tn. | 音・楽 | 02:58 |
逆さ書道
アメブロはすごいなー。
さすが藤田社長。

なんて他者ブログ上で言ってみる。


非常にイェイね/スムルース

手に汗、動悸も高まりますね。
| Handmadelure works 2tn. | 音・楽 | 22:09 |
変わらないもの 変わるもの
今年はこれでライブ締め。
・・・のはず。

新しい試み満載で
いつにも増してエンターテイメント性抜群。
彼らのライブは
「アトラクション」や「映画」の域に近づきつつあります。
楽しいのです。

01.LIFE イズ 人生+
02.バラ色ダンス
03.スライドブルー
04.デコとボコ
05.大器晩成マグマ
06.商店街とあなた
07.何もない日々
08.コオリガコオル
09.冬色ガール
10.家族のシワシワ
11.チェンジ・ザ・ワールド
12.虹色の予感
13.帰り道ジェット
14.インストールラバー
15.非常にイェイね(コウベ→愛)
16.決めの言葉
En
01.スーパーカラフル
02.ドラマ

<スムルース LIVE TOUR 2007-2008
チェンジ・ザ・ワールド@神戸WYNTERLAND>



裏・通学路だった三宮の高架下。

完全閉店後、コートやパーカーを靡かせて
自転車で全力疾走すると
その風がシャッターに当たる音に追いかけられて
体感速度を数十倍に出来るという
当時3日間ほど、流行った遊びがあります。

エア・マックスが並んでいた頃のお話。
| Handmadelure works 2tn. | 音・楽 | 23:09 |
散財のあと


えぇー!?(10/24の出来事)

さてはミナホ狙いだな。
| Handmadelure works 2tn. | 音・楽 | 22:40 |
広さより深さ
みんな昔、
ジャッキー・チェンの映画観た後って
戦闘能力が上がったように、
通常より痛みに強くなってたり、
明日から何でも出来るような気がしてたでしょ?

今、そして当分、
そんなスーパーサイヤ人化な感じです。

ただひとつ、違うのは
観たものがフィクションじゃないところ。

毎回、ステージの後に揚がるドクロ幕。
あれはきっと
「不可能をものともしねェ”信念の象徴」(Dr.ヒルルク)な
彼らの海賊旗なのでしょう。

タイトルはこの日のMCより。



今宵は緑色でした。

1.Red Hot
2.Space Sonic
3.Marry Me
4.Fire Cracker
5.虹
6.Supernova
7.サンタクロース
8.Sliding Door
9.Missing
10.BBQ Riot Song
11.風の日
12.Gunpowder Valentine
13.The Autumn Song
14.Salamander
15.ジターバグ
16.Make A Wish

EN1. 高架線
EN2.No.13

EN3.金星

<ELLEGARDEN TOUR 2007@Zepp Osaka>(10/10)
| Handmadelure works 2tn. | 音・楽 | 01:19 |
紙コップの原産国
開場40分ぐらい前にBIGSTEPに着いて
水色の小さな人だかりを通り過ぎて
何気なく振り帰ったらそれは
ファンに囲まれていた徳田君でした。

絵に描いたような「あ。」でした。


登場曲は無念無想3。

・デコとボコ
・インストールラバー
・ドラマ
・虹色の予感
・帰り道ジェット
・非常にイェイね(オーサカ→最高)

・決めの言葉

・スーパーカラフル


非常灯点いてたのに。
ワンマンじゃないのに。
Wアンコールでビックリ。

毎度ながら露骨&過剰なサービス精神。
かといって遠慮はさせない。
これぞスムルースの真骨頂。
タイトルは今宵のMCのツボ。


他の出演者様の音は耳に入れるも引っ掛からず。。。
3組目(O・A含めて)のバンドは
たまたま真後ろにいたファンの2人がマナー最悪の為
不可抗力ながらイメージマイナス。
かわいそうに・・・。

開場から開演までが30分ってのは嬉しいですね。

<OSAKA POP SQUEEZE!! vol.3@BIGCAT 9/24>
スムルース/ZILcoNIA/東京60watts/マーガレットズロース
| Handmadelure works 2tn. | 音・楽 | 21:02 |
眠れぬ夜に
やろうと思っていたことを数ヶ月越しでやってみました。
思ったよりてこずり(この程度にか)ました。


<旧カード>
・500円毎に「♪」マークがひとつ。
・「♪」が40個<¥20000分>で¥1000割引、
・80個<¥40000分>で¥2000割引(共に5%)。
・100個<¥50000分>で¥3000割引(6%)。

<新カード>
・500円毎に20p。
・1000p<¥25000分>で¥1000割引(常に4%)
・1000p貯める毎に200pのボーナス。なので、
・5000p<¥125000分>なら¥6000割引(0.48%)
・利用は1000p毎、有効期限は利用最終日から1年間。

【pはポイント、()内は還元率】


新カードの目玉のひとつ、
このカード持っててこの有効期限が嬉しく思う人は極少数かと思われ。
このご時世、還元率低下は致し方ないとして。
それ以上に、

・「♪」マークが増えていくアナログな達成感。
・引き換えを躊躇するほどの100個満タンカードの満足感。
・アルバム(¥3000)1枚タダ同然と思える幸福感。

の、
「ささやかな喜び」が失われたのが大きいですね。


「還元率をコッソリ縮小」というカモフラージュ策を丸裸にしてしまう結果となってしまいました。
僕みたいな一般客にですら
こんな「苦肉の策」を見せざるを得ないこの状況、
構造不況、販売低下など業界(もしくは日本)が悪い方向に向かっているんだろうなーと
とっても不安になりますね。


それでもあの店舗には
足を運ぶ付加価値は充分にあると思いますけど。



このレビューは参考になりましたか?
はい  いいえ
| Handmadelure works 2tn. | 音・楽 | 03:14 |
CHANGE UP ver.1
この日のMCで
徳田くんがさっき行ったコーヒーショップの話の中で
「屋号」という言葉を遣った。
みんな「いまどき、屋号て!」てな感じで失笑。
「なんでや、言うやんか!…言わん?言うやろ?」
いつも通りの王道MC展開にみんな安心&大喜び。


ちなみに2tone、
「屋号」という言葉を耳にしたのは人生2度目で
栄えあるヴァージンインパクトはなんと
西田釣具店の西田さん。
…お元気でしょうか!?


<セットリスト>
非常にイェイね(ライブ→男気)
インストールラバー
ドラマ
虹色の予感
帰り道ジェット
決めの言葉

インストールラバーのドラムは圧巻ですよ。

「CHANGE UP ver.1」@心斎橋クラブクアトロ9/1
| Handmadelure works 2tn. | 音・楽 | 22:31 |
う た う し か な い ぜ
モツ鍋でした。

前作「100万枚〜」、前々作「ドリーミー〜」は
これ創るための寄り道だったのかしら。
今回は別人です。
良い意味で。

多分、これから先ずっと
「飽きが来ない」とか「色褪せない」なんて言いながら
聴いていくことでしょう。

圧巻は#9「ココロガコオル」。
「ドラマ」をラストに持ってきている所にセンスを感じます。

なんかね、すんごいいっぱい、
詰まってます。

ウウーン♪


チェンジ・ザ・ワールド/スムルース

小泉君、その帽子、グッチ?(画像左下)
| Handmadelure works 2tn. | 音・楽 | 20:03 |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE